Takako UMEHARA

Takako UMEHARA
I am a singer/songwriter/moutain dulcimer player/paiter. .... illustration by Takako UMEHARA

2013-01-12

diary: Shunsuke MATSUMOTO's exhibition

世田谷美術館のある砧公園の風景 籠にワインやフランスパンを入れて食事をとるおしゃれな人たち多し

世田谷美術館で14日まで開催している生誕100年松本竣介展、記念の回顧展であったため作品量がすごいボリュームで、とても一度で観きれずに2回も行った。(あさっての最終日までに行こうとしてる人ご注意を!)
ああ、[Y市の橋]が見られて良かったなあ。

松本竣介は戦後すぐに36歳で死んだ。多くの優れた作品を残して。死ぬ前まで精力的に制作活動を続けた。それが身体を蝕んだのでもあるが、松本竣介はすべての情熱を絵に傾け、残された作品群は今も永遠の輝きを放ち、彼の絵の前で多くの人々が立ち止まり、何かを感じ、考えている。
彼の貪欲さと純粋さにはけして敵うことはないだろうが、私も死ぬまで歌って制作していたいとおもう。彼の絵から学んだものを大事にしていかなければとおもう。

松本竣介がよく描いた場所はどこだったっけな、聖橋とかだったな、新宿もあったな、とか思い出してたら、ふと洲之内徹の「気まぐれ美術館」が15年ぶりにもう一度読みたくなって、買える分買った(昔ぜんぶ持っていたのに、私は大馬鹿者でいちど古紙回収に出してしまったのだ)。こういう便利な世の中だけど、良書でも絶版になったりする。
で、この本の中で松本竣介の描いた場所探しの項が4つくらいある。それが面白くってたまらない。 それから洲之内氏は松本竣介の「立てる像」が好きではないという。それから戦中の画家としての発言や、その生き方なども考察されている。それも面白くてたまらない。しばらく「気まぐれ美術館」浸けの日々だ。

…松本竣介のことって、「しゅんすけ」ってつい下の名前で呼んでしまいません?批評家もそうなんだからみんなもそうですよね?

2 件のコメント:

  1. 松本竣介氏の展覧会のこと、この頁で初めて知りました。いつか原画を見たいです。感謝。 @ishii_mit ishii@mit.edu
    http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43413790V00C12A7BC8001/

    返信削除
    返信
    1. 石井裕先生 読んでくださってありがとうございます!現代美術も古代美術も、松本竣介らの日本の近代絵画も、それぞれ素晴らしい人々がたくさんいるので、乏しい知識ですが私からも美しい芸術をどんどん紹介していきたいとおもっています。

      アメリカの画家では、バーバラ・クーニーはよく読まれていますか。彼女の絵本は素晴らしいです。
      娘さん達にぜひ。
      Barbara Cooney
      http://en.wikipedia.org/wiki/Barbara_Cooney

      削除